2014年1月1日 日本一人口の多い村「読谷村」誕生
文字サイズ:

村長あいさつ

ごあいさつ

読谷村長 石嶺 傳實

読谷村長 石嶺 傳實

読谷村(よみたんそん)は、沖縄本島中部、西海岸に位置し、東シナ海にカギ状に突き出た半島で、人口4万人余の村であります。東には緑の山並みが連なり、西は東シナ海に面し、南は比謝川を境として、北は景勝の地「残波岬」に囲まれた美しい自然と豊かな伝統文化に育まれたところであります。

かつての琉球王国時代、中国(明)との進貢船貿易により琉球には多くの文化文物がもたらされ、独特の文化圏を形成してまいりました。読谷村には、歴史史跡として世界遺産に登録された「座喜味城跡」の他にや「喜名焼」に代表されるヤチムン(焼物)等の伝統工芸や各地の民俗芸能が継承され、読谷の大地に深く根ざしております。

また、読谷村は、沖縄文化発展の一翼を担ってきた、琉球三線音楽の始祖として讃えられるゆかりの地としても知られ、歴史と伝統文化の息づく地域であります。

歴史の一頁として、悲しくも第二次世界大戦で米軍の上陸地点となり、空と海からの猛爆により焦土と化し、戦後の一時期は村域のほとんどが米軍基地として接収されておりました。その後、日本復帰(1972年)まで米軍統治下に置かれ苦難な時代を過ごすこととなりましたが、村民が生まれ育ったふるさと復興のために血のにじむ努力は、重ねられ、その成果は着実に実を結び、今日の発展の姿を見たのであります。本ホームページの「バーチャル平和資料館」により、ここに戦中戦後の読谷村の歴史を垣間見ることができます。

「文化むら」づくりを目指し歩んだ復帰後の30年の歴史を基盤に、 「文化むら」づくり
という目標を掲げ、豊かな自然、風土、歴史、文化を大事にしながら、村民が一丸となって21世紀の夢ある地域づくりに邁進しているところであります。

読谷村のホームページへアクセスすることにより読谷村をより深く知ることができます。また、快適な村民サービスの向上を図り、役場各課の紹介や行事予定表等利便性を重視して作成しております。村外の皆様をはじめ村民に親しくアクセスしていただき、本村の姿を理解していただければ幸いに存じます。

 

平成29年度 施政方針_.pdf

読谷村長 
石嶺 傳實